◆ 資金調達について


Q1. 補助金・助成金とは何ですか?
A1. 補助金や助成金、奨励金など名称は様々ですが、簡単に言えば「返済する必要のない資金」となります(但し、経済産業省などでは、利益が出ると返済する条件のものもあります)。助成金を交付する事業は、経済産業省や厚生労働省など国の各省庁やその関連機関、各地方自治体、民間の財団法人など、多くの機関で実施していますが、一般に知られていないものも数多くあります。助成金額は数十万円から数億円のものまで様々ですが、これから何かを始めようとしたら、まず適当な助成金がないか、調べてみるくらいの価値は十分あるのです。

Q2. どうすれば補助金・助成金がもらえるのですか?
A2. 補助金や助成金は現状維持の経営をしているだけではもらえません。新しい事業を始めたり、新商品やサービスの研究開発を行ったり、新たに人を雇入れたり、現在の従業員の労働環境を改善したりと、何か新しいことを始める場合に申請すればもらえる可能性があります。

Q3. 補助金・助成金の対象者は?
A3. 事業の内容によっても異なりますが、いわゆる中小企業者及び中小企業組合などを対象としたものが多いようです。大企業と資本関係のある中小企業の場合は対象とならないことが多いです。これから創業する人やNPO法人などを対象としたものもあります。

Q4. 公的融資とは何ですか?
A4. 政府系金融機関による融資と、都道府県や市区町村などの自治体による制度融資などをいいます。公的融資の目的は、民間金融機関では融資が困難な中小企業の資金調達を支援することにあります。そのため、民間金融機関より有利な条件で融資を受けることができますので、これを利用しない手はありません。

◆ P.M.Threeのコンサルティングについて


Q5. 中小企業診断士って何ですか?
A5. 中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家を言います。
中小企業診断士は、中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する経営コンサルタントとしての唯一の国家資格です。
中小企業支援法では、次のように位置づけられています。
  1. 中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者
    (公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)
  2. 業務は「経営の診断及び経営に関する助言」
  3. 中小企業診断士試験は、法律上の国家資格

Q6. コンサルティングを受けるにはどうすればよいですか?
A6. お問合せのページに必要事項をご記入の上、送信してください。
電話、FAXでのお問合せも歓迎です。

Q7. コンサルティングの費用はどの程度ですか?
A7. 事業内容や事業規模にもよりますが、コンサルティング費用の目安としては下記です。詳しくはお問合せください。
また、各自治体が行う専門家派遣事業(コンサルティング費用を自治体等が補助する制度)の利用も可能です。
初回面談費用 31,500円(60〜90分)
財務診断 105,000円〜
資金調達支援着手金 105,000円〜
事業計画書作成支援 31,500円〜